×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人気犬ダックスフント

ダックスフントは、ミニチュアダックスフントなど日本人に人気の犬です。ブリーダーなどからも評価が高く、かわいい犬の画像を壁紙などにしている人も多いですね。最近では「マントヒヒヒヒヒヒヒ、ヒトコブラクダダダダダダダ、ダックスフントトトトトト♪」という横浜銀蝿が原曲のCM曲の歌が人気です。ダックスフントはドイツ原産の犬種であり、アナグマを表すダックスと、犬を表すフント(猟犬の意味)のドイツ語の言葉を合わせたもので、「アナグマ犬」という意味になります。これにはダックスフントの犬種が昔からアナグマ猟に使われていたことに由来しています。日本ではペット犬としてとっても人気があり、一時期には異常なほどのダックスフントブームがありました。現在でもダックスフンドは多くの頭数が登録されています。ちなみにジャパンケネルクラブ[JKC]の登録頭数では、国内1位の犬種です。JKCの登録犬種名では英語読みで「ダックスフンド」と読みます。

ミニチュアダックスフント

ダックスフントはブリーダーをはじめ日本人に大人気の犬種ですが、なかでもミニチュアダックスフントは特に人気がある犬です。ダックスフントのサイズは正式には、スタンダード・ミニチュア・カニンヘンと3つに分類され、理想のサイズが決められています。ジャパンケネルクラブでは、犬の体重9〜12Kgがスタンダードのダックスフンド、生後15ヶ月を過ぎて、体重5Kg以下で胸囲35cmがミニチュアダックスフント、生後15ヶ月で胸囲30cm以下、体重3.2kg〜3.5kgがカニーンヘン・ダックスフントと呼ばれています。ミニチュアダックスフントというとどれも同じに思われがちですが、3種類にきちんと分類されているのです。ミニチュアダックスフントの犬種は性格がとても明るく、人懐っこく、しつけがしやすいので子犬を初めて育てるにはおすすめです。ミニチュアダックスフントを飼う上でしつけの方法、飼い方、気をつけたい点なども初めての人に飼い易い犬種といえるでしょう。

ブリーダー直伝の犬のしつけ法など

ダックスフンドやミニチュアダックスフントは、日本では飼い易い犬種といわれており、チワワやトイプードル、フレンチブルドッグなどと並んでとっても人気の犬なんです。ダックスフントは吼える声が大きいので、狭い住宅密集地などにお住まいの人は気をつけたほうがいいかもしれません。元々アナグマ猟をしていた性質から、大きな声で吼えること特徴があります。ミニチュアダックスフントもこの大きな声で吼える特性がありますので、警戒心もあり番犬としても役に立つことでしょう。ダックスフントを飼う上で重要なしつけが3つあります。トイレ・無駄吠え・甘噛みのしつけの3つに注意しましょう。犬のトイレは広い場所で、逆に寝る場所は狭いほうが良いです。ミニチュアダックスフントの無駄吠えをしつけるには子犬の頃から、物音や街の中や多くの人に慣れさせるのが効果的です。甘噛みのしつけを矯正するには、噛まれた時におおげさに痛がるのが良いでしょう。ダックスフントの健康管理で気をつけるポイントは4つ。@耳垢がたまってないか?耳のにおいなどをチェック。A目やにがたまってないか?ティッシュなどで清潔に保ちます。B鼻の乾燥やヒビ割れがないか?長時間の乾きは発熱の危険があります。C口の匂いは大丈夫?ミニチュアダックスフントが子犬の頃から歯磨きやガムで歯石を取り除きましょう。

Copyright © 2008 ダックスフント.com